神戸で人気のエリアベスト

神戸で人気のエリアベスト

全国を対象に行ったある調査結果で「住みたい街はどこですか?」というアンケートがあったそうです。

そのトップクラスに神戸がランクインしているとのこと。

お洒落で綺麗な街並みがある一方、自然が多いなどバランスが良く、憧れる人の多い魅力ある都市なようです。

そこで、神戸にある9区のうち更に人気が高い不動産エリア3区をご紹介したいと思います。

第1位は、まさに神戸の中心とも言われている「中央エリア」です。

神戸駅周辺、三宮、元町、南京町、ポートアイランドを含む名実共に中心地で、観光スポットや繁華街など華やかでお洒落な街でありながら、スーパーや病院などの生活に必要な施設も充実しているバランスの良いところが最大の魅力となっています。

第2位は「東灘区」です。

ここは閑静な住宅街として人気で、阪神大震災での多大な被害からの復興でマンション開発が進んだことと、繁華街として名高い三宮や梅田へのアクセスも良いことが魅力となっています。

第3位は「灘区」です。

中央区より落ち着いた印象で、洗練されたお洒落さを感じられます。

一部には関西有数の高級住宅街があるのが魅力なようです。

人気エリアの区でも不動産の相場や物件情報など様々ですので、それぞれ比べてみてはいかがでしょうか。

ファミリー層に人気の高い区

人気の街神戸に住むと言っても、三宮や梅田などの繁華街と六甲などの自然溢れるエリアと同じ神戸でも環境が大きく違いますよね。

もちろん家族構成、職場や学校へのアクセスなども不動産を決める上では重要な部分でしょう。

独身で若い人であれば中心地に近いエリアで賃貸の需要が多いかと思いますし、ファミリーや年配の方々は郊外の落ち着いたエリアでの持ち家需要が多いのではないでしょうか。

実は神戸市は持ち家率が高いというデータがあり、子供から年配の方まで暮らしやすい環境が整っているとも言えます。

そこでファミリーに人気の区ベスト3をご紹介したいと思います。

第1位は「西区」です。

いわゆるベットタウンと呼ばれる街で、15歳以下の子供が最も多いのだとか。

鉄道路線の利便性が高まり人気が上昇したようです。

第2位は「北区」です。

一番面積の広い区で、神戸電鉄の沿線が住宅地として人気なのだとか。

神戸で人気の不動産

第3位は「須磨区」です。

こちらもいわゆるベットタウンとされる落ち着いた住環境が人気のようです。

家族で楽しめる施設に近かったり、住環境が整った落ち着いた環境の不動産がファミリー層には人気ののようですね。